FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねむの木クリニックのHPできました。

ねむの木クリニック開業からやっと2週間がたちました

たった2週間でしたが、とても長い時間のようにも感じました
でも開業前の準備期間は忙しくて、今年の猛暑の夏もあまり記憶がありません。
最近になっても、まだクリニックの名前で悩んでいた日々を思い出すことがあります。

ところで、クリニックのHPができました

URLはこちら。

http://www.nemunokiclinic.jp/

ぜひご覧ください。


制作してくれたのは札幌の会社でイデアシーディーさんです。
そちらのURLはこちら。

http://www.ideacd.co.jp
 
こちらもぜひご覧ください。

スポンサーサイト

tag : 札幌、睡眠時無呼吸、HP、ねむの木、イデアシーディー

市民フォーラムを無事に終えて・・

 11月23日(火曜日)の勤労感謝の日に、札幌市中央区の区民センターで市民フォーラムを開催いたしました

「睡眠と健康について」という大きなテーマで、講演は石金病院 副院長の香坂雅子先生と僕で行いました。
朝から冷え込んだ日でしたが、会場には200名ほどの方が来られて、区民センター2階のホールはほぼ満席になりました

香坂先生は、「最近みられる睡眠関連疾患について」というテーマで睡眠障害全般についてわかりやすくお話をしてくださいました

僕は「睡眠時無呼吸症候群について」というテーマでお話させていただきました。

講演終了後、健康相談をさせていただきましたが、ご心配になっていることやきいてみたいことをあらかじめ整理されてこられたようで、皆様の準備の良さに驚きました。

市民の皆様が、睡眠と健康についてとても関心を持っておられることがよくわかり、僕たちもできるだけそれに応えられるように頑張らなければと感じました。

今回のような活動は今後も継続する必要があると思います。
僕たちが学んだことを市民の皆様にも定期的にご紹介をしてゆくようにと考えています

tag : 市民フォーラム、香坂先生、石金病院 区民センター

電子カルテで大慌て!

 前回のブログでは大勢の方にクリニックの中の芸術作品をご覧いただき、たくさんの拍手をいただき本当にありがとうございました
 クリニックのほうは、多くの皆様のご援助をいただいて、おかげさまで11月5日のねむの木クリニックの開院日には何とか診療を始められました。
しかし、僕の電子カルテの操作は、文字通りの手取り足取りの指導をしてもらわなければ全然進みませんでした。
開院して数日は、前々回ご紹介させていただきましたユヤマの梅田さん、松永さんに指導していただいてなんとか診療をこなしていました。
しかし、彼らがいなくなって数日した時に僕がトラブルを起こして、診療を約1時間止めてしまいました
 開院後数日の操作で電子カルテの使い方も少しずつわかりかけてきたと思っていましたが、これが大きな間違いでした。

その日は予約が少なく、来院された数名の患者さんの診療を普通に進めていたと思っていました。
しかし、事務の方から突然、
先生、カルテの処理が終わっていませんよ
と声をかけられて、僕の頭は一気に空転し始めました

「ちょっと待ってね。今確認します。」
とは言ってみたものの、何を確認するのかもわからない状態になってしまいました

僕は、自分のわかっている操作をいくつか試してみましたが、カルテの処理は終わりませんでした。
事務の方からは
先生、まだ、だめですよー
と混乱した頭をさらに揺さぶる一言が飛んできます

僕が困っていると、
「先生、会社に連絡した方がいいよ」
と適切な一言。
でも混乱していた僕には、トラブル時に電話する会社電話番号の所在さえすぐには見つけられず、そばにいた職員に番号を教えられて、やっと電話をしてカルテ処理を終えることができたような始末でした。

この間、約小一時間でしたが、待ってくれた患者さん達には大変ご迷惑をおかけいたしました

みなさん、本当にごめんなさい。

明日23日に札幌市中央区 区民センターで午後2時から市民フォーラムをします。
僕を指導してくださる香坂先生の睡眠障害のお話と睡眠時無呼吸症候群のお話をします。
頑張ります。



tag : 電子カルテ、パニック、ねむの木クリニック、市民フォ

ねむの木クリニックの壁には・・・

 以前にもエントランス、待合室に飾られた作品の一部をご紹介させていただきました。
今回は、クリニックの壁をぐるりとひとめぐり、ご紹介させていただきます。
ブログでのご紹介なので、それぞれの作品の大きさや色が充分にはお伝えできないのが残念です。

DSCF1015_convert_20101104070507.jpg
これは受付の横の壁に飾られた彫刻。H・Mさん作。

これが玄関で皆さまをお迎えする作品。
DSCF1011_convert_20101116073729.jpg
小樽在住の三宅かほりさん作。

これからは、かほりさんの旦那様である三宅 悟さんの作品を順番にご紹介いたします。
これが、クリニックの待合室の一番大きな壁に飾っていただいた大作。
DSCF1007_convert_20101104055911.jpg
30号です。

これは、同じく待合室にあるもう一つの作品。
DSCF1009_convert_20101116073534.jpg

そしてクリニックの廊下を進んでゆくと、廊下の壁にも作品があります。
DSCF1002_convert_20101104054110.jpg
これが廊下手前側の作品。

さらに奥に進むとこの作品に出合います。
DSCF1003_convert_20101104054834.jpg

そしてここから先は、睡眠検査を受けにきた方をお迎えする作品。
6部屋ある睡眠検査室の内の3部屋に作品を飾っていただいています。
DSCF1004_convert_20101104055210.jpg

DSCF1006_convert_20101104055817.jpg


DSCF1108_convert_20101116083032.jpg

ここからの2作品は診察室の中に飾られているもの。
DSCF1000_convert_20101104053752.jpg

DSCF1104_convert_20101116082858.jpg
クリニックには診察室が2室あります。
それぞれに作品が飾られています。

たくさんの作品を飾っていただいて、クリニックの雰囲気がとても素敵なものになっています。

ご来院された方はぜひ、院内の芸術にも出合ってください。




tag : ねむの木、絵、彫刻、芸術

開業ー電子カルテにドキドキ・ハラハラ

 11月5日(金曜日)に何とか、クリニックの診療を始めました。
その前後でたくさんの観葉植物やお花をいただきました。
齢50になろうとするオッサンが、こんなにたくさんのお花に一度に出合ったのはもちろん初めてのことで・・・。
お送りいただきました皆さま、ブログで失礼ながら、心からお礼を申し上げます。

DSCF1050_convert_20101107210530.jpg
クリニックの待合室に置き場をさがすほど多くのお花をいただき、院内はその香りで満ち溢れました。

一方、開業準備に追われた僕は、疲れや不安が全身に充満し、目は血走って、嫌な雰囲気を全身から漂わせていただろうと思います。準備が間に合っていないあれやこれやが常に頭から離れなくなり、夜といわず昼といわず、気になりだすと自分が落ち着かなくなるのがわかりました。夜には倒れるように眠りにつきましたが、数時間で目が覚めると、こうしちゃいられないと夜中でも仕事に向かうようになってしまいました。
睡眠障害の観点でみれば、この状況は適応障害性不眠症なのかな~なんて考えたりしました

電子カルテは、ユヤマさんのもので、担当の梅田さん、インストラクターの松永さんが丁寧に指導してくれました。開業初日から数日は、つきっきりで指導し、問題解決をはかってくれました
もちろん使うのは初めてですから、おっかなびっくりの感じでした。
画面のボタンを押すたびに出てくる次の画面は、以前に説明を受けているはずなのに、初対面のような新鮮さで僕の前に登場してくれました

この電子カルテくんがうまく使えなくて数日後に大変なことになりました。


tag : 電子カルテ、クリニック、ねむの木、不眠

10 | 2010/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

大久保敏彦

Author:大久保敏彦
愛知県出身、札幌在住30余年。呼吸器内科医です。
札幌で睡眠時無呼吸症候群の診療をしています。
平成23年の正月太りの解消に取り組んでいます。
クリニックのHPもご覧ください。
http://www.nemunokiclinic.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。