FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は仕事納め。

 まず、前回の深夜のチャイムの謎の件ですが、先日、電気工事の方が調べに来てくださいました。
チャイムの機器には異常は見つからなかったので一安心です。
音が出た原因として考えられるのは、車の無線の影響だそうです。
クリニックのすぐ近くに大きな交差点があるので、信号待ちしている車の無線かもしれないとのことでした。

 12月29日(水曜日)。
今日の昼12時で、今年の診療は終わらせていただくことにしました。
新年は1月4日((火曜日)の午前10時から診療を始めます。この日は仕事はじめなのでやはり昼12時で診療を終わらせていただきます。翌5日からは通常の診療になります。

今年はクリニックを開院しました。
時間の足りないなかで、何とか開院までこぎつけたには、ひとえに関係者の皆様のご厚意とご努力の賜物と切に感じております。この場をかりて皆様にお礼を申し上げます。


今はまだ、
「何とかクリニックを始めました」
という状況ですが、この年末年始の休みの間に、頭と気持ちの整理をして、
来年は診療をさらに充実させるように頑張ろうと思います


毎年、この時期は「ご馳走・と太る条件がそろっています。
僕が冬場に頼りにしている札幌市中央区健康づくりセンターがお休みしているので、いつものようにはできません。
1月の診療で患者さんに「太ったね」と言われないようにしたいと思いますが、お酒もお餅も大好きな僕には節制はむつかしいかな~。
スポンサーサイト

tag : チャイム、お餅、お酒

深夜のチャイム・・

11月5日になんとかクリニックを開院しました
でも、準備不足だったので、四六時中クリニックの事が頭から離れず、
酔っぱらっていようと、夜中であろうと仕事を思いつくと、そのたびにクリニックに出かけてきていました
そして仕事をしてはそのまま泊まり込む、目覚めるとすぐ仕事に取りかかるという日々が続きました

そんなふうにして自分の部屋で眠っていたある夜、真夜中に

「ピィ~~~ン・・・・ポ~~~ン」

と、妙に間延びしたチャイムが鳴り響きました。

「・・・?」
眠っている僕は、すぐには何の音かわかりませんでしたが、
何度か続けて鳴ったので、やっと院内のチャイムの音と思いいたりました。

鳴っていたのは、このチャイム。 
DSCF1255_convert_20101225075626.jpg

その後、スタッフに話してみると

「実は院内には他にも住人がいる」
とか
「私が夜中に驚かしてみた」
とか
「床下は人が潜り込める」
とか
「クリニックの電話に連動している」
とか
「夜中にパソコンの画面が突然ついた」

との話もでましたが、まだ何の手がかりもみつかりません。

原因がわかったら、また報告します。

tag : クリニック、チャイム、深夜

やっと走れた!

 久しぶりに走りました。
気持ちよかった~

9月の後半はまだ、ぼちぼち、よたよたと走っていました。

10月の初め頃は、

「走る時間が少なくなってきたな~」

と感じ始めていましたが、

10月末には忙しさがイッキに加速して

「走る時間なんてない


事態になり、やがて、

「自分のことなんかかまってなんかいられない


日々に突入しました。

それからは、
走れないし、
体操もできないし、
食事は、コンビニのおにぎりと吉野家さんの繰り返し

になってしまいました。

次第に、太ももとふくらはぎの張りがなくなって、かわりにお腹が張り出してきました。

12月になって、やっと少し時間が作れるようになったので、
クリニックの斜向かいの中央健康づくりセンターに通い始めました。
ここの4階にあります。
DSCF1208_convert_20101214142703.jpg

回数券を買うと、6回で1950円(1回 325円)になります。
DSCF1207_convert_20101214142610.jpg
さらにここの施設の3階で健康度測定をうけると、初回測定後の半年間は健康づくりセンターが無料になり、その後、半年間は一回 200円で使用できるようになります。

ブランクがあったので、最初は少し用心しましたが、
久しぶりに汗をかいて、やっぱり気持ちよかったですね~。
肩こりも少し楽になったような感じです

走るようになってから、走って汗をかくと体調が整うと感じるようになってきました。
肩こりだけでなく、二日酔いやひき始めの風邪もよくなるような気がしています

僕にとって、走ることは、体重管理だけでなく、体調管理にも欠かせないと感じています






tag : 札幌中央健康づくりセンター、走る、体重

レントゲン操作室の怪?

 クリニックを開業して、一か月がすぎました。

「もう」

なのか

「やっと」

なのか

「あっという間」


というか・・

数年したら、「あの時は・・・」なんて話題で談笑できるようになっていればいいな~と思います。

ある日、クリニックのレントゲン操作室から音が出ていました。
ドアが閉まっている時に”ピー”と音がでました。

その音の出どころを確かめようと、ドアを開けると音はしなくなります。
ドアをそっとほんの少しだけ開けてみてもやはり音はしなくなります。


また、人が操作室の中に入っていても音は出なくなります。


音の原因が分からず、気味悪かったので会社に連絡をして調べてもらいました。
操作室の中の機器には、人を感知したり、音が出す機能はついていないそうです。



いろいろ調べてもらったら、原因は、レントゲン撮影室と操作室の会話のためのインターホンらしいということになりました。

操作室のインターホンのスイッチがONになっていると、操作室内の機器の音が反響して、その音をインターホンが拾うのではないか?
とのことでした。

操作室内で反響した音が原因なので、ドアを開けたり、人がいると音はしなくなると説明されました

わけのわからないトラブルでしたが、富士フィルムメディカルの斎藤さんが、とても親切に対応してくださいました
ありがとうございました。





tag : 富士フィルムメディカル、札幌、ねむの木クリニック、

御苦労をかけてごめんなさい。

11月の末になって急に冷え込み、札幌は一夜にして
この時期になると、一日の最低気温を記録するのは、夜明けではないこともしばしば。
夜明けからどんどん気温が下がって・・」という言葉も聞かれるようになります。
愛知県出身の温い気候で育った僕は、朝よりも昼の方が寒くなる気候になじむのに数年かかりました。

今日、ねむの木を受診された方から伺ったお話。
このブログを手がかりにして、ねむの木クリニックを見つけてくださり、お電話で確認をして受診されたとのこと。とてもありがたいお話です
N.Hさん、ご面倒をおかけしてごめんなさい
こんなことになったのも僕が、クリニックの名前、電話番号、診療時間を決めるのに手間取ってしまって、開業の直前まで詳しい案内ができなかったのが原因でした。
以前担当させていただいていた方々に迷惑をかけるようなことになってしまって本当に申し訳ないです



今夜は、クリニックで睡眠検査をしています
やっとここまで・・・。
でもまだほんの始まりです。
これからがもっと大切。
明日からもっと働くぞー


tag : 札幌、雪、睡眠検査、ねむの木クリニック

11 | 2010/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

大久保敏彦

Author:大久保敏彦
愛知県出身、札幌在住30余年。呼吸器内科医です。
札幌で睡眠時無呼吸症候群の診療をしています。
平成23年の正月太りの解消に取り組んでいます。
クリニックのHPもご覧ください。
http://www.nemunokiclinic.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。